原理は? -糖尿病@徹底解剖-


原理は?



     糖尿病とは、耐糖力が低下した状態です。耐糖力の低下は、
     おもにインスリンの働きが、総合的に低下することによって
     引き起こされます。総合的というのは、インスリンの働きに
     は、二つの側面があって、まずは分泌される量が十分である
     かということ、そして血中に含まれるインスリンが必要なだ
     け消費されるかどうか、ということがあります。
     医師は、これら両方の側面を意識して診断を行い、糖尿病を
     分類しています。
 
     血液中にインスリンを分泌しているのは、膵臓のランゲルハ
     ンス島の細胞です。この細胞の機能がなんらかの理由で損な
     われると、糖を十分に処理するだけのインスリン分泌量が確
     保できない場合があります。

     一方、インスリンを消費しているのは肝臓や脂肪、筋肉など
     の全身の組織です。インスリンによって、グリコーゲンの合
     成やタンパク合成、脂質を生成しています。脂肪や筋細胞で
     の消費に問題が起こると血糖値が上昇して、危険な領域に入
     り、糖尿病となります。

     通常は、ランゲルハンス島の細胞は、血糖値に応じてインス
     リンの分泌量を調整しています。消費については、肝臓など
     のさまざまな組織で、インスリンを消費することによって、
     グリコーゲンを合成したり、脂肪の合成やタンパク質への同
     化を行っています。糖尿病はこれらの機能不全に関係してい
     ます。

当サイト人気コンテンツ


    ■ 原理は?
    ■ 原因はなんだろう
    ■ どんな症状なの?
    ■ インスリン療法

Copyright (C)2009-2012 糖尿病@徹底解剖 All Rights Reserved.