糖尿病の概要 -糖尿病@徹底解剖-


糖尿病の概要



     ブドウ糖は、人間が活動するために必要なエネルギー源です。
     体脂肪も一部エネルギーとしては使われますが、運動におい
     て真っ先に使われるのは、糖質です。また、脳が活動する際
     には、グルコース(ブドウ糖)が消費されます。脳だけで、
     人間の消費するグルコース全体の25パーセントと言われてい
     て、脳の質量は人間の体重の約2パーセントであることから、
     質量に比べて非常に糖の消費量が高いということが言えます。

     脳はそれだけ、人間の活動を支えるために活発に活動してい
     るのです。糖が不足すると、すぐに人間の体は反応し、空腹
     感や焦燥感(イライラ感)などにあらわれます。

     しかし、糖が血中に過剰に含まれていると、エネルギー源と
     して使われるだけでなく、逆にさまざまな弊害を生んでしま
     います。血液が糖によって粘性をまし、末端の毛細血管など
     の部分で血流が妨げられ、酸素がうまく行き届かないなど、
     さまざまな問題が生じます。これらは糖化ストレスと呼ばれ
     ています。過剰な糖は、人体に有害な物質となってしまうの
     です。

     健康な人であれば、血糖値が上昇すると、調整機能が働き血
     液中の糖は代謝されます。しかし、なんらかの理由で血糖を
     調整する能力(耐糖力)が低下すると、血糖値が有害なレベ
     ルまで達してしまいます。これが糖尿病です。

当サイト人気コンテンツ


    ■ 原理は?
    ■ 原因はなんだろう
    ■ どんな症状なの?
    ■ インスリン療法

Copyright (C)2009-2012 糖尿病@徹底解剖 All Rights Reserved.
[PR] 南アフリカランド FXシステムトレード FX 自動売買 トルコリラ メタトレーダー トルコリラ